『姫オーラUP情報!』 by 姫オーラ研究委員会
「オーラが変わると人生も変わる!?」をテーマに、さまざまな情報をお知らせ! オーラの品格を上げて、LOVE&HAPPYをGETしちゃおうっ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和と伝統とオーラ
先週は江戸職人さんたちの取材でびっしり下町でありました。

長年の技の蓄積、鋭敏な感覚、妥協のない精神。

「作る時は、お客さんの喜ぶ顔を思い浮かべてデザインするんだ。
 儲けなんか考えないさ」

何行程もの手順と時間のかかる作業によって
作り上げられたものは、
しかし、巷に出回る量産品の数倍はしてしまう。

img[12].jpg
たとえば1体100万円の江戸切子の花瓶は、
熟練職人の手によっても出来上がりに1ヶ月はかかる。
一年に一度しか売ることのできない熊手の材料は2000種類。

後継者問題、景気……職人の矜持に影を射す話は、
どうしても出てしまう。

素晴らしい職人の手工業は護っていくべき伝統ではあるが、
手にとった商品の値段を見て、躊躇する現実がある。
感傷だけで、無責任はことはいえまい。

とりあえず思うことは、
感動を多くの人に伝えることができ、
躊躇しないで買えるような人になりたひ


img[16].jpg
黄綬褒章受賞の小林英夫先生と。
すご~く”開いている”先生で、
取材のお話以外にも盛り上がりましたのよ
取材とは関係なく、また遊びに行きたいにゃあ☆


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
うっわーv-238
素敵な花瓶ですね~!!!v-10

しかもまた、この温和そうで素敵ななおじいちゃまが
作っていらっしゃるなんて心が和む。

伝統芸術と触れ合う機会があるのは、
なんとも羨ましい限りでございますv-22
2007/07/17(火) 20:42:04 | URL | あやみ #-[ 編集]
お、今度
一緒に遊びに行かないデスか~?>工房

江戸切り子の上物の見分け方は、
手が切れそうなほど深い切れ込みの細工だそうです。

確かに、「なんちゃって」は浅いのです~~。

2007/07/18(水) 00:01:29 | URL | よーこりん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。