『姫オーラUP情報!』 by 姫オーラ研究委員会
「オーラが変わると人生も変わる!?」をテーマに、さまざまな情報をお知らせ! オーラの品格を上げて、LOVE&HAPPYをGETしちゃおうっ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーラ鑑定セラピー3:サイキック
「目を閉じて、両手の人差し指をおへその上に当てて……
 今の気持ちを言い表すと何ですか?」

との薄井先生の質問に

「ん~……レバーですねえ」

と、答える私。

「レバー!? ど、どして??」

「あ”、生理中で、ちょっとお腹が痛いんですー」

「なるほど。
 実は私も、そうじゃないかなと思ったんですけれど、
 初対面の女性に言うと、
 びっくりして引いてしまうことがあるので、
 黙ってたんですよ」

「え? それは体調とかが先生にわかるんですか?」

「そう、私も共感しちゃうんですね。
 よーこりんさん、からだの左側も凝ってるでしょう?」

「その通りです~!
 でも先生、それって辛くないですか?」

「あ、クライアントさんが帰ると、
 すぐに元に戻りますので大丈夫」

ふ~む、すごいなあ……。

「では、今から私が単語を色々言いますので、
 頭の中で、
 その言葉から浮かんだイメージを思い浮かべてください」

「はい」

「怒り。怒りから行きます」

メラメラ燃え盛る炎を思い浮かべる。

「白い部屋」

何もない、病院の部屋……。

「高いところにある窓」

その部屋がぎゅーーんと上に伸びていき、
小さな窓が空いた。

「窓から日が射します」

上の方にだけ光が見える。
塔のような部屋の底には届かない。
なんだか、
幽閉でもされてるような部屋を思い浮かべちゃっていた私、
次の先生の言葉に、びっくり仰天ですよう!

「ん? よーこりんさん、
 精神病院に入院なさったことがあるんですか?」

きゃー、唐突に言い当てられて、動揺です!

「いえいえ、ないです」

「でも、そんな感じのお部屋を思い浮かべてません?」

「えーーー、何でわかるんですかあ!
 そんなことまでわかるんですか!?」

「ふふっ、じゃあ続けますね」

それから、「炎」や「洗濯物」など、
それぞれの脈絡や繋がりがよくわからない単語が続いていき、
施術は終わった。


え”、これで、オーラがクリアになって、
自分や運勢が変わるの!?!? 
はて……。

正直、キツネにつままれたような気分でもあるが
薄井先生が私に共感
(感情のことではなく、私に波長を同調させるとゆーこと)
していることだけでも、施術の一環になっているのだそう。
確かに先生、サイキックですもんにゃあ。

それから、私用に先生が調合した、
心を落ち着かせるアロマオイルをおみやげにもらった。
あと、黄色のオーラの私は、補色であるラベンダー色を
身につけると良いそう。

ちなみに、私の描いた木の絵は、
トラウマや自分の性質を、開き直って……じゃなかった(笑)
きちんと認識して、社会と折り合っていることが現れているそう。
この木の絵も、自分が変わっていくことによって、
変化していくんですって。


そんなわけで、
姫オーラ度をアップさせるには、
まず、自分を知ることが大切だと思うんだけれど、
薄井先生は、さらなる深い自分を知る手がかりをくださる方です。

サイキック能力をお持ちでいながらも、論理的な方なので、
「あなたの前世は……」などという診断に
ドン引いちゃう方や、懐疑的になっちゃう方には、
特におすすめだと思いますです~!

私も、自分に変化が合ったら、
また観てもらいに行こうと思いますっ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは☆ユリア心理です^^
またもや、素敵怪しげ?!な掲載、
ありがとうございます^^;

ちなみに…
>>「薄井先生が私に共感
(感情のことではなく、私に波長を同調させるとゆーこと)」
は、「共感」ではなく、そのまんま「同調」でOKです^^
「共感」は、別な意味になります^^☆心理学豆知識(?)☆

くどいようですが…^^;
当オフィスは、本当はもしかすると、
よーこりんさんのブログのテーマとは
外れてしまうくらいかも知れないほど、
生粋の臨床心理学及び心理学をベースとしていますので、
是非当オフィスHPでご確認を頂いた上で、ご来談くださーいm..m

2008/07/12(土) 00:11:40 | URL | ユリア心理より^^ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。